MENU

尿素回路と肝臓に大切な効果をもたらすオルニチン

オルチニンは尿素回路を構築するアミノ酸の1種で、腸で摂り込み肝臓、腎臓、筋肉
等に運びます。
この回路は別名、オルニチン回路(サイクル)とも言われていて、
大抵、肝臓にあり毒があるアンモニアを代謝する回路です。
オルチニンはこの回路と関りがある他に、肝機能が低い肝臓を守る、
肝臓で行われるタンパク質合成を手助けする、などの仕事をしています。

 

 

〇肝臓の仕事と尿素回路
肝臓の仕事は大きく分けて2つあります。
1つ目は栄養素をバラバラにすること、結合すること、貯めることで
2つ目はアンモニアを無毒化することです。
肝臓は血液で送られてきたものに対して色々な仕事をします。
中でもアンモニアは疲れをもたらす原因物質の1種とも言われていて、
摂り過ぎると脳に悪い作用を引き起きします。
オルニチンはこのようなアンモニアを無毒化する尿素回路の一部分を構築していて、
この回路のおかげでアンモニアは毒のない尿素に変化します。
尿素に変化させたら、肝臓で再び作られます。

 

〇オルニチンは尿素回路でどのような仕事をするのか
オルニチンは尿素回路を活動的にして、ミトコンドリアの仕事を手助けすることで、
肝機能全体の能力を高めます。
そのうえ、普段の生活で感じる疲労を減らす仕事もします。
肝臓は別名「沈黙の臓器」とも言われていて、
痛いと思う神経がないので悪化していても最初の頃には気付きにくいです。
オルニチンを効率よく摂りいれると、肝機能の仕事を手助けして様々な疲労感を和らげてくれます。
他に、成長ホルモンを作り出す、筋肉の形成、体脂肪やアンモニアの解体、細胞分裂を促す、
新陳代謝アップ、二日酔いを和らげる、など色々な効果があります。

関連ページ

オルニチンサイクル
オルニチンサイクル
オルニチンとアルギニン
オルニチン,アルギニン
肝機能改善効果
肝機能改善効果
肝臓での働き
肝臓での働き