MENU

オルニチンの肝機能改善効果

オルニチンは遊離アミノ酸の一種で肝臓の機能をサポートする効果があります。
肝臓の機能が低下すると、身体に有害なアンモニアを分解することができなくなり、疲労感や倦怠感など様々な症状が現れます。
オルニチンには肝臓の働きに重要な成分なため、オルニチンをとることにより肝臓の働きが良くなる効果があります。

 

 

・オルニチンには成長ホルモン誘導体が含まれている。

 

オルニチンには成長ホルモン誘導体が含まれており、睡眠中に分泌される成長ホルモンを促進させる効果があります。
また、肌にも良い効果があるといわれています。

 

 

・オルニチンの効率的な摂取方法

 

オルニチンを含む食材には、しじみ、ヒラメ・キハダマグロ・ほたて・イカ・あさりなどの魚介類。
えのき茸・しめじ茸などのきのこ類。
その他に、だだちゃ豆、チーズ、パン・牛乳などがあります。
TVのCMなどでも、ときどき見かけるので知っている人も多いかもしれませんが、この中で群を抜いてオルニチンを含んでいるのがしじみになります。
そのため、意識的にしじみをとることはかなり効果的だと思います。

 

疲れが溜まっていると感じる原因の一つに、肝臓の機能が低下している事があります。
また、オルニチンには成長ホルモン誘導体が含まれているため、睡眠中の成長ホルモンの分泌量が増え、お肌にもよいとされています。
また、目覚めもよくなり疲労回復が期待できます。

関連ページ

オルニチンサイクル
オルニチンサイクル
オルニチンとアルギニン
オルニチン,アルギニン
肝臓での働き
肝臓での働き
肝臓の働きで重要な尿素回路の効果
肝臓,尿素回路