MENU

疲れの原因と肝臓の関係

あなたのその疲労感、オルニチンサプリメントにお任せを!

 

「朝から体が重い…」「理由はないのに何故かスッキリしない…」そんな方に朗報です!!全身のだるさの原因は、細胞のエネルギー代謝が悪くなっているためかもしれません。そういった疲労感を解決してくれる物質をご存知でしょうか?そう、それこそ今各方面で話題に上がっている「オルニチン」です。

 

疲労感の原因である有害毒素「アンモニア」

「アンモニア」という化学物質の名前は皆さん耳にされたことがあるでしょう。小中学校の理科で習う、臭いが鋭い気体です。しかし、これが体内で、それも全身の細胞で発生し、気怠さの原因になっていることはあまり有名ではないかと思います。体内では、タンパク質などを分解しエネルギーが作られます。その際にアンモニアは一緒に発生してしまい、オルニチン回路(尿素回路)というサイクルを経て、最終的には細胞にとって無毒な尿素として、排出されます。しかし、オルニチン回路の働きが悪くなっていると、分解しきれなかったアンモニアが体内に蓄積してしまい、悪影響を与えるのです。

 

オルニチンで疲労感が解決する理由!

アンモニアが体内に蓄積すると、病気の原因となるほか、エネルギーの産生・代謝のバランスが悪くなり、体全体の気怠さにつながってしまいます。そこで、大切なのはオルニチン回路をスムーズに回すことです。サプリメントによってオルニチンを体内に補給することで、オルニチン回路の循環を助ける効果があります。その結果、疲労感の原因であるアンモニアはどんどん尿素へと変換され、新陳代謝の活性化、全身のスッキリ感につながるというわけです。全身の疲労感にお困りの方や、最近疲れやすいと感じておられる方はぜひ、オルニチン配合のサプリメントで解決してみてはいかがでしょうか。

 

ワンポイントアドバイス!

なかなか疲れがとれない…というひとは少なくありません。そういった場合、肝臓に原因があるのかも知れません。

 

ただの疲れだと思っていたら、実は肝臓が原因だったということもあるのです。というのも、他の臓器と異なり、肝臓は「物言わぬ臓器と」いわれています。肝臓には、痛みを感じる神経が存在しないためなのです。そのため、自覚症状がないことが多いのが、肝臓の異常がなかなか見つからないという理由です。

 

しかし、たとえば、実際に人間ドック受診者のうけてみると、4人に1人は肝機能の異常が認められるということもあるといわれています。なので、最近疲れやすい、だるい、元気がでない、というふうに感じたら、ただの疲れだというふうに無視をせず、ちょっと生活を見直してみましょう。とくに肝臓には、オルニチンがよいといわれています。このオルニチンを日常的に摂取することも、肝臓にとってはプラスとなります。

 

体が疲れやすくなる原因はひとつには限定できません。身体的なものから、精神的なストレスまでさまざまです。
その中でも身体的な原因のひとつとして気をつけたいのが、肝機能の低下です。

 

肝臓のはたらきというのは、あまり知られていませんが、とても大事で、栄養素の分解・合成・貯蔵・そして解毒というのを行っています。こういった機能がうまく働かなくて、疲れやすいというのは、実は肝臓が原因だったりするのです。

 

そういった肝臓が原因のつかれは、オルニチンで回復しましょう。オルニチンは、しじみなどにたくさん含まれているといわれる栄養です。これは、腸で吸収され、肝臓にも届きます。

 

アンモニアがからだにたまるというのも、健康にはよくありません。オルニチンはそんなアンモニアの解毒を助けるという働きもあるのです。そうして、スムーズなエネルギー生成を促進し、疲労の回復させてくれるのです。

関連ページ

体臭予防効果
体臭予防効果
ストレス解消効果
オルニチン,ストレス
ダイエット効果
オルニチン,ダイエット
美容効果
オルニチン,美容
オルニチンの二日酔い防止・改善効果
オルニチン,二日酔い
筋肉アップ効果
オルニチン,筋肉
オルニチンの効果と効能
オルニチン,効果
効果的な飲み方とタイミング
オルニチン,飲み方
副作用や注意点・安全性
オルニチン,注意
しじみに大量に含有
オルニチン,しじみ
オルニチンとウコン
オルニチン,ウコン